昨日の台風で川の水位が高くなり、

見ての通り濁流になっていた。


一応、農学を勉強した身、

この濁流を見てふとこんな話を思い出した。


古代エジプトでは、

ナイル川の氾濫でたくさんの人が亡くなってしまうけど、

その後は必ずと言って良いほど豊作となる。


ある時、国王が川が氾濫しない様に河川を整備したところ、

飢饉が発生して餓死者が増えたそうだ。


濁流の水が畑に流れ込むことによって、

栽培にとって必要な成分を補充していたらしい。


ここでいう成分というのは土砂に当たるだろ。

土砂といえば山の土というより、鉱物というイメージがある。


鉱物?


鉱物と言えば砂だろう。



まさに川底の砂。

川砂がファクターになってたんだろうな。


現代社会では、

重機があるから、氾濫が無くても良いとこどりできるな。