葉というか、

植物全体で撥水性という水をはじく特徴がある。


当然と言えば当然で、

水を撥水せず透水してしまうと、


雨が降る度に耐えられないぐらい細胞に水が入り込み、細胞が膨張して破裂するからだ。


しかしだよ、


土とは死骸の塊である


植物の死骸は後々は腐植となり、

腐植は保水性を向上させるというほど、水をよく含むものとなる。




学生の頃に聞いた話だけど、


体を構成する植物の繊維、

セルロースですね。


生きている時は、



緑の線が植物の繊維でCaがカルシウムだとして、

こんな感じで繊維の間にカルシウムが入り込んで強固にしつつ、

他のワックス等で撥水性を生み出すけど、


朽ちていく過程でワックスがなくなり、



カルシウムの溶け出し、

カルシウム(Ca2+)が入っていた箇所の極性が余るので、

この隙間に極性を持つ水が入り込む様になる。


つまりは、



朽ちていく過程で、

植物の繊維は水を保持できる様になる

と言うことらしい。


だから、

土作りの時は植物の繊維という名の腐植をたくさん入れると、

物理的要素である保水性を得られるようになる

という話だったと思う。



落ち葉もいつの間にか撥水性がなくなって、

常に水が湿っている状態を生み出すよね。