京都のIT企業、株式会社はてなで開発されているサーバ監視サービスのMackerelを利用してみた。

Mackerel(マカレル): 新世代のサーバ管理・監視ツール


先に結論を書いておくと、

サービス利用までの手順がほぼなくて壮絶簡単だった。


もっとはやくに導入しておけば良かった…


とりあえず導入の背景だけど、

予算をもらって開発しているWebサービスではサーバを借りるための費用も出してもらっているので、

VPSを借りてMuninを導入しているんだけど、

Muninで監視用サーバを構築する1


当サイト用に監視用のVPSを借りるのはちょっとね…

毎日ブログを投稿しているし、サーバの死活問題は目視で良いかと思っていたところ、


ふと、Mackerel、5ホスト分無料!という文字が目に付いたので、

速攻でアカウントを作成して設置してみた。



大人数でのチームによる開発を経験したことがないので、

慣れない言葉がいくつか並んでたけど、

そんなことは気にしないでチュートリアルに従って、

各種登録名も下の例をそのまま引用して進めてみた。


現在利用しているVPSにはUbuntuで動かしているので、

debパッケージでの設定例を見てみると、

運営中のサーバで実行するコマンドはなんと一行!

さくらのVPSでSOY CMSを動かした時のメモ



サーバの方で設定を終え、改めてMackerelを開いてみると、

速攻でこちらのサーバを補足しているではないか!


あとはロールの設定を行いしばし待ってみると、



サーバの開始が始まった。

これで心の片隅にあった監視していない不安の問題が解消された。


とりあえず、

他に稼働しているVPSサイトも一緒に監視対象にしておいた。




管理画面をしばらく覗いてみると、

アラートの通知で、



メール通知以外でも様々なWebサービスを介して行う設定が充実していて、

ChatWorkやLINEがあるものありがたい。