半端無く暑い。

どうなっているんだ?


なんて思いながら日陰の道をたらたらと歩いていたら、

上の写真よりももっと手前で気がついた。



なんかいる!


近づいてみたら、



日陰の中で大きな花を咲かせていた。


日陰って本来植物にとって不利なんだけど、

不利だからこそ、他の草が元気よく成長しない。


周りが成長していないから、

ちょっとした花を咲かせるだけで、

相当前から気がついてもらえる。


厳しい環境に得意というだけで、

周囲から見つけてもらいやすくなるというのは、

人の社会のビジネスという観点でも同じこと。


このピンクの花の様に、

周りが不得意な状況を解決する業を磨いていくのが良いんだなと

改めて思ったわけです。


更に、

業を磨いたとしても認知されなければ意味がないわけで、

この花は磨いた上で更に目立て!

と補足もつけてくれている様に感じる。


さすれば活路は見出せる。