以前どこかの本で、団粒構造の原料としてフェノール性化合物というものが記載されていた。


フェノール性化合物?


(画像:フェノール類 - Wikipediaより引用)


フェノールといえば、細胞からDNAと抽出する際に、タンパクを溶かすという理由で使用するフェノールの亀の甲がついた化合物だよな?


この構造の物質はどこにあるの?

と調べてみたら、


土とは死骸の塊である


木の木質部分のリグニンと呼ばれる成分がフェノール性化合物らしい。


リグニン - Wikipedia


リグニンの式はこんな感じ

(リグニンは構造が決まっているわけではなく、フェノール性化合物がランダムに強固につながっているらしい)




そういや、

剪定間もない木の枝を水浸しにすると、



木質資材から黒い液体が出てくるんだけど、

これがフェノール性化合物で良いの?


でも、

この黒いのだと触れると肌が荒れる様な気がするよね。


となると、

自然に分解されて出てきたフェノール性化合物を使えれば良いな

ということになるわけで、


次回以降、リグニンの分解について見ていこう。