早朝、

とある森の切り開かれたところを歩く。


両側には森があり、

写真に写っている正面のみ木が抜かれた状態になっている。



にも関わらず、

上を見上げると木の枝と葉で覆われている。



道沿いにある木が真ん中に向かって曲がって伸長しているんだよね。


これは人為的にしたか?と言えば、

おそらくそうでなくて、



道沿いにある木にとって、森側(写真右)よりも、

道側(写真左)に伸長した方が光合成にとって有利なんだよね。



現に上を見てみると、

一旦中央に向かって伸長した枝が、

他の葉に覆われていないところになった途端、

上に向かって葉を茂らせている。


つまりは、



真ん中を切り開いても、

両側の木によって上は覆われるのだなと、

歩いている時にふと思った。