前回の獅子咲きのアサガオに引き続き、変化朝顔の話



このアサガオ、

札には黄斑入蝉葉紅台咲牡丹大輪(きふいりせみべにだいざきぼたんだいりん)と書かれていた


牡丹咲きというなのね。


色は違うけど、


第57回朝顔展@京都府立植物園


こういう大輪の時雨絞りがクシャッとなって、

中央にある雄しべが


第57回朝顔展@京都府立植物園


花弁に変異して八重咲きになっている。


その様がまるで、



八重咲きの牡丹の様だったからこうつけたのだろう。


日を改めれば、



これよりもっと丸っこいより牡丹らしく見える花とも遭遇できるかもな。


アサガオは深い