六呂師高原の池ケ原湿原


岩屑なだれで出来た地形で、

湿地の少し上には



緩やかな傾斜が広がっていて、

そこは一面芝生のような植生になっていた。


芝生が広がっているところの一部で、



なんか一部葉が盛った個所がある。


近づいて見てみると、



クズがいた。



写真でいう右下方向に伸長している真っ最中だった。


これは放っておくと、

河原の土手にあるようなクズ王国が出来てしまう。

クズはおそらく河川敷の覇者だろう


クズはマメ科で高タンパクというイメージがあるので、

牛とかがシバよりも好んで食べたとしたら、

クズ王国にならないのでは?

なんて思ったりした。


実際のところ、牛はクズを食べるのだろうか?

そもそもの話、写真の個所は放牧地ではないから、

今考えたことは無駄ではあるんだけどね。