先日、京都の一乗寺にある詩仙堂というところに言ったのだけれど、

釈迦堂の前のちいさなひろばにて


そこで、




京鹿子(キョウガノコ)と呼ばれる花が咲いていた。

※キョウガノコはバラ科


この花の特徴を知ろうと、

家にある事典を引っ張ってきても書かれていないか、

あの牧野図鑑であってもほとんど記載がない。

※牧野富太郎 日本の植物学の父と呼ばれる植物分類学者がまとめた図鑑

牧野富太郎 - Wikipedia

年表 | 牧野富太郎博士 | 牧野富太郎博士 | 高知県立牧野植物園


京と名の付く植物なので、

きっと京都に関わっているのだろうなと検索してみたら、


(素材:京鹿の子、江戸鹿の子、半四郎鹿の子 - “色の話いろいろ”から引用)


京鹿子絞りという高級な織物が出てくる。

織物の絞りにしたいと思ったほど、この植物が綺麗だったのだろうか?


花を綺麗と感じるのは、

蕊が長く四方に展開することが条件なのだろうか?


この構造は


細くて長くて見え方が変わる


ウメ(バラ科)の品種でも同様のものがあった。


人はバラ科の造形を美しいと感じているのは確からしい。

海外でもバラの品種改良が盛んだし。


京鹿子を取り上げたけど、よくわからなかった…