煉瓦敷きの道で、

煉瓦の隙間を埋め尽くすように苔が生えているのを良く見かける。


この苔だけれども、

隙間から取り除かずに放っておくと、



こんな感じでこんもりとなっていくけれども、

このこんもりさを実現するためには、

隙間に土が堆積しなければならない。


土の堆積といえば腐植。

腐植といえば蓄積するための鉱物質が必要。

鉱物の風化と植物の死が石を土へと変える


ふと思ったんだけど、

苔は自然にこんもりしていくけれども、


それはつまるところ、

煉瓦の隙間に苔由来の土が堆積して、

苔自体は日に日に煉瓦から離れていくことにつながる。


この場合、

隙間に堆積したものはほぼ苔由来の有機物になるわけで、

実際のところどうだろう?

と隙間から苔の群衆を剥がしてひっくり返してみた。


すると、



写真の箇所はひっくり返した面になるので、

今まで煉瓦と接してたわけだけれども、

ガラス質のキラキラしたものが結構付着しているのね。


話はいきなり飛躍するけれども、

苔は煉瓦からケイ酸質のものを吸収していたりするのかな?

植物由来のケイ酸塩鉱物、プラント・オパール


煉瓦は人工物のように見せかけて、

粘土を焼いたものだからな。

苔にとっての養分はあるだろう。

煉瓦ってなんだろう?