おや?



道を歩いていたら、頭上から落葉針葉樹の針葉が落ちてきた。

針葉樹の中でも落葉する種類がいるから何ら不思議ではない。


落葉といえば、

冬の寒くて日照が少なくなる時期に

光合成による生産よりも呼吸による消費が大きくなる時期にロスをなくすために落葉したり、

葉からの蒸散量も節約するために落葉すると言われている。


これは広葉樹も同じだけれども、

これらの合理性のため以外でも落葉後も何らかの役に立っていると勝手に想像している身として、

紅色の落葉は出来る限り乾燥した形で残りたいのでは?


落葉針葉樹の落葉が地面に与える影響もきっとあるだろう。

と土に落下した針葉に目を向けてみると、




広葉樹の落ち葉と混ざると、

針葉樹の落ち葉がほとんど目立たないな…


落葉針葉樹の落葉は光合成の合理化だけかもしれない…