今年の紅葉は色鮮やかになるだろうという予想通り、

今年の紅葉はとても紅い。

高野川が紅に染まりはじめる


というわけで、

これらの紅葉の木の下では、



紅葉の落ち葉による紅や黄色の絨毯ができていた。

自然が生み出すなんとも美しい光景だ…


いや、ちょっと待てよ。



池の横でモミジって生えるものなのか?



森で一箇所に同じ種類の木が並ぶということはほとんどないよな。

タネの落ち方、発芽した運良く大半が生き残ったら可能かもしれないけれども。


それもそのはず。

庭園文化というものは貴族が庭を楽しむために

人工的に選抜してきたものだ。


となると、

目の前にモミジの木しか見えないという状態は、

古くは貴族が、実際には庭師の業の賜物であるわけで、



紅や黄色の絨毯は職人たちの歴史を堪能していると言える。

これは春のサクラの満開にも言えること。

<hr>

当たり前の事を偉そうに書いたけれども、

気になるのは紅や黄色の絨毯の綺麗さではなく、



褐色落ち葉が含まれないこの状態において、

落ち葉の下にいる冬の植物たちにとって、

紅や黄色の絨毯はプラスに働くのか?

それともマイナスに働くのか?


それが気になった。