土を掘り返していたら、

何かの蛹が出てきた。


蛹と言えば、

昆虫の幼虫が成虫に変態する過程のもので、

イモムシだったものが全く異なる形状に変化すること。


全く異なる形状になるということで、

蛹の中と言えば…



ごめん…


お前はおそらく周囲の作物を食害する昆虫だろうから、

この場でとどめを刺すことにしたよ。


栽培とは生活がかかったシビアなものだから、

非道なことではあるがやらざるを得なかった。


生きるとはそういうことだ。

世間の就農支援について思うこと


さてさて話は戻って、



蛹の中では、

体の構成を全く別の形状に変わるために、

体そのものが液状化しており、

蛹の切れ目からは白い(おそらく)タンパクの液体が出てきた。


液状化しているとはいえ、

この物体も生物であるわけで、

生物である以上、本能(や意志)があるわけだ。


蛹から出てくる液も生物であって、

その液が土と混じっていく。


この昆虫の意識は土と混じっていくんですかね。


となると、

土そのものも生きているってことなんですかね?

土とは死骸の塊である