仮にだよ、

pHを測定したとする。


でだ、pHがどうであったら問題があって、

逆にpHがどうであったら正常なのか?


それは今の測定では分からなかったりする。

そもそも、pHは正常に測定されているのか?も分からなかったりする。


そんな時にこう考えてみるのはどうだろう?


まず、

肥料成分で多く必要とするのが、

N(窒素)、P(リン)とK(カリウム)なので、

この三種類が正常に吸収できるpHはどこなのか?を考える。


(JA全農 肥料農薬部 施肥診断技術者ハンドブック 2003 44ページから引用)


前回の図を持ち出し、N、P、Kの各要素の吸収が最大になるところを引いてみる。

pHの低い方では、P(リン)がpH6.5から最大になり、

pHの高い方では、K(カリウム)がpH7.5から急激に落ちる。


これにより、

土壌のpHを6.5~7.5の間にしなければ、

この土壌での施肥の効率性が落ちる

ということが分かった。




次に必要だと言われている成分がCa(カルシウム)とMg(マグネシウム)と言われているが、

Fe(鉄)も吸収できないと何かと困るので、

Ca、MgとFeを考慮してみる。


この三要素が良い感じになるところがなかなかなく、



青い四角で囲ったところがちょうど良いところかな

ということでpHを見てみると

pHが6.6~6.8の間くらいかなと。


あとは微量要素なので、

作物毎の環境条件は考慮しない上での、

肥料のパフォーマンスの最適環境を考えると、

pHが6.6~6.8ぐらいを意識しておけば良いのかなと


前回の内容を詳しく書いただけなんだけどね。

土壌のpHを侮るなかれ