ロゼット葉を見ると感心する。


先日、


葉は展開する毎に下の葉の位置から微妙にずれる


葉が如何に重ならないか可視化してみたけど、

角度と捻れの他に、



きわきわまで葉の面積を減らして、

下の葉と重なる箇所を減らして、

より多くより長く葉を展開している草がある。


そうだよね、

葉を食われるリスクがあるから、



新しい葉はゆっくりと伸長ではなく、



全力で葉を発生させ、

全力で伸長した方が食害をうけた時のリスクは減るよね。



いや、待てよ!


よく見てないけど、



ここには何株かいる?