TSUKI KENさんによる写真ACからの写真


夏といえば麦茶で、麦茶で思い出すことがある。

某SNSで誰かが「麦茶はミネラルがあって、カフェインがなくごくごく飲めて最高の飲み物だ」というニュアンスの投稿をしていた。


この投稿以降、麦茶の印象が上がった。

この投稿を見かけたのはTwitterなんだけれども、Twitterは見ず知らずの誰かの名言が時々挙がってきて、こんなにも良い印象を与えるなんて凄いと改めて思う。


そういえば、麦茶の色は濃い茶色だよなと改めて見て思う。

茶色といえば、連想するのがポリフェノールだろう。

苦味や渋みのタンニン


かずなり777さんによる写真ACからの写真


麦茶は大麦の実を炒ったものから作るから、ポリフェノールは豊富に含まれていそうだな。

というわけで早速、Google Scholarで麦茶の成分を調べてみることにした。




麦茶の化学成分 - 日本食品科学工学会誌 第47巻 第1号2000年1月という分析の報告があった。


前提として、大麦は玄米や小麦と比較して、水溶性繊維、鉄やカルシウムの含有割合が高いとされる。

免疫の向上には水溶性食物繊維が重要な役割を担っているはず


調べている成分は粗タンパク、繊維、ミネラル、脂肪酸、トコトリエノール(ビタミンE等)やポリフェノールで、焙煎の仕方で成分が変わるか見ている。

焙煎の違いで各成分の含まれ方に違いが生じるけれども、麦茶ではどれも含まれている事になっている。

アーモンドはビタミンEが豊富


麦茶に含まれているポリフェノールだけれども、分析結果では、


Harbin - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる


没食子酸(もっしょくしさん)、


NEUROtiker - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる


カテコールや


NEUROtiker  - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, リンクによる


ゲンチジン酸といった小さなポリフェノールが見られたそうだ。

これらのポリフェノールには強い抗酸化作用があるとのこと。


今挙げたポリフェノールを追ってみると、更に何かしらが見えてくるかも。


関連記事

自然免疫を高める食品は何か?の続き