SOY Shopで商品毎でJANコードを登録しバーコードを作成してみるに引き続き、

注文番号をCODE39規格でバーコードを作成することにしました。


先にCODE39に触れると

CODE39は数字だけでなく、ハイフン、スペースやアルファベットをバーコードに変換出来る規格で、


SOY Shopでは注文番号は顧客ID(数桁)-ランダムな数字(4桁)-ランダムな数字(4桁)で生成されるため、

番号のみバーコードに変換できる規格では要件を満たしませんでした。


そこで採用したのがハイフンを利用できるCODE39になる。




注文番号用バーコード生成プラグインをインストールしてみて、

注文詳細を開いてみると、




開く直前で注文番号からバーコードが生成されます。




早速、生成したバーコードを読んでみる。



前回同様Camptek CCDバーコードリーダーSSD120で読み込んでみると、

一応初期設定で認識することはできたけれども、


PHPで出力したバーコードは長すぎて認識されなかった。

バーコードを横のみ半分にリサイズしたサイズで始めて認識されたため、

出力時の工夫が必要だった。


今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。

/soycms/soyshop/


追記

今回紹介したプラグインのバーコードの生成はPHP Barcode Generatorを利用しています。

GitHub - picqer/php-barcode-generator: This is an easy to use, non-bloated, framework independent, barcode generator in PHP.


追記2

CODE39でのバーコード画像の生成は行えるようになりましたが、

SOY Shopの標準機能としての用途は決まっていません。


活用できるアイディアがあれば、

お問い合わせフォームからご連絡下さい。

/soycms/inquiry