SOY Shop内でパイプハウスの施工管理アプリを開発しました


前回のSOY Shopで下書き通知プラグインを作成しましたの記事に引き続き、

SOY Shopの管理画面から注文登録する機能で施工見積りの管理を行う際に、

一つ重大な問題が発生した。


それは、

例えばネジのような大量に必要且つ使用箇所が多岐に渡る部品が合ったとして、

見積もり書には使用箇所毎にどれくらいネジを使用するか?を明記することが出来ない。


ネットショップではどの商品をどれくらい購入するか?の情報が欲しいのであって、

どの個所で使用するか?といった購入者側が欲しい情報は関与しない。


この問題を回避するために、


富士登山、トレッキングで使う、登山靴、ザック、レインウエアなどの登山用品のレンタルならやまどうぐレンタル屋


やまどうぐレンタル屋さんで活用している

同一商品でも色が違う時は別商品として注文を集計するという商品オプションプラグインを施工見積りに取り込むことにした。

商品オプションプラグインで商品をカートに入れる際に付加情報も追加する - SOY Shopを使ってみよう


商品オプションプラグインを使用するにあたって、


SOY Shopの管理画面からの注文の商品登録の操作の見直しで登録作業の削減


見積り管理では一度も商品情報の変更画面を開かずに操作を完了しなければならないという背景があるので、

管理画面からの注文で商品を登録する際に




商品オプションの追加ボタンを設け、



該当する商品の詳細ページを開き商品オプションを設定出来る。

商品オプションの変更後は自動で、



管理画面からの注文の商品登録の画面に戻ることが出来るので、

商品オプションプラグインを利用したとしても、

管理画面の行き来が極力発生しない状態で使用用途毎に部品を管理できるようにはず。


見積り書にもどの個所で使用する部品であるか?が明確になるため、

指示者と作業者の間での指示のやりとりに関するコストが削減されるはず。


今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。

https://saitodev.co/soycms/soyshop/


関連PDF

PIPEHOUSE - 京都農販のパイプハウス施工実例集