おや、これは(ヌスビト)ハギのさや

なんか横を向いているね。


ハギといえば、


動物にくっついて移動するタネ


直立立ちなのに、

なぜさやは横向きになっているの?


ハギといえば確かに直立して育つけど、

花やさやの重みで、



こんな感じ…


う〜ん、

ハギは細いし背景も緑色でよくわからないな。



改めてこんな感じ。

矢印で示す様にしなって、

ちょうど犬、猫や猪の背中を覆うような形で通路きわきわで構えている。


そうか!


敢えて細く伸長したことによって、

実が成ったら動物の背中に当たりやすくなるのね!


だけど、

単体だと花が目立たない。


だから、


萩は群れた方が良さそうだ


こんな感じで群れて見事に咲き、

端っこの株が通路側にしなることによって、

生育の領域を広げているのね。


しかも、



タンポポの様な綿毛と異なり、

たくさんのタネが集中的に運ばれるので、

新天地でもある程度の株がまとまって発芽する。


集まって目立つというのも一つの手だね。


まぁ、

今回の話はあくまで個人的な想像みたいなものだけどね。