京都某所のとある桜並木



幹がこんなにも割れ目があるので、

ここに根付いてもう長いのだろう。



しっかりと強く根付いたからか。

アスファルトの道にヒビが生えている。


このヒビをよく見てみると、



隙間に落ち葉が入り込み、

落ち葉等の有機物が土化している。


おそらくしばらくしたらこの個所から草が生え始めて、

その草が更にアスファルトの隙間を広げるだろう。


このまま人が何もメンテナンスをしなければ、

数年後にはこの場所は草原と化すのだろうなと想像してしまう。


草はアスファルトのちょっとした隙間を常に狙っている


この写真のところみたいなんかが、

冒頭の写真の数年後の風景になるのだろうなと。

※舗装のメンテナンスを行わなかったらの場合