クリの木に注目してみると、



花粉や花の量が多いからか、ミツバチ、ハナムグリやハエが多く集まってくる。

昆虫にとって手っ取り早く栄養価の高いものを摂取できるのでパラダイスのようなものなのだろう。


あまりにも昆虫が多く集まってくるので、様々なところに視点を移してみると、



花に集まる昆虫を狙っているであろうカエルやクモを見かける。

写真のカエルはどうやって高いところにやってきたのだろう?


こんな高いところに居るのは、やっぱりここが餌場としてパラダイスだからなのだろうか?


それ以外でも大型のカリバチも頻繁にやってくる。

カリバチとミツバチの誕生


生き物の多様性はまず木からなのだろうな。

カリバチが増えれば、イモムシの個体数が減る。

ヨトウの天敵を探す