サクラの木の下に落葉が落ちていた。



この落葉を見て、赤色のカロテノイドが残っている。

このカロテノイドは地面でどのような作用があるのだろう?と思って写真を撮影した。

カロテノイドの生合成


帰宅してから改めてこの写真を見ると、あの時はカロテノイドだと思ったけれども、もしかして光合成を抑えるためのアントシアニン?なんてことが頭に浮かび、この赤色の色素はどちらなのだろう?と迷った。

葉でアントシアニンを蓄積させる意味


上記のことが頭に浮かんだ時に、そういえば葉のカロテノイドで赤色の話題は見ないなと思い、時期的にアントシアニンなのだろうなと。


冒頭の写真の赤がアントシアニンであれば、今年の紅葉は色鮮やかになるのかな?

なんてことを思った。


関連記事

落葉落枝の藻類増殖防止作用とは何だろう?