トンボを見分けるための縁紋の記事で、トンボを見分ける時に用いる縁紋について触れた。


次に知りたいのが、



ショウジョウトンボだと判断した赤トンボの



前翅と後翅と体(胸部)の付け根にある染まった箇所の名称。

トンボ出版から出版されている新装改訂版 トンボのすべて 増補 世界のトンボを開いてみたけれども、この箇所を指した名称の記載はなかった。


名称がないということは、この箇所は同種の個体間で差が大きいのだろう。


であれば付け根の染まり具合は胸部の方で合成された色素が翅の方に溢れてしまったのなか?

なんてことを想像してしまう。