ヒノキ科ヒノキ属の植物を求めてのの続き


話の発端は、




生きていた化石のメタセコイヤ


メタセコイヤ並木でメタセコイヤを見た。

メタセコイヤというのは生きた化石として扱われている植物で、

ヒノキかスギの祖先だと考えられている。


このような情報があれば、

ヒノキやスギの葉をマジマジと見たくなるのが人の性


というわけで、

前回はおそらくヒノキ属であろう葉を探してみた記事を記載した。




今回は、




おそらくスギ属であろう植物の葉を探してみた。



実はスギだろうなと思われる木もあったけれども、

高い木で葉を撮影することができなかったので、

園芸種のスギっぽい木を撮影している。


これがスギの仲間でなければすみません…


形や色は若干異なるはず。




メタセコイヤの葉と比較すると、

葉が細く立体的に展開していて、

おそらく下の方の葉でも受光の効率が高まっているように見える。


今回はこれくらいにして、

機会があれば針葉樹を見ていくことにしよう。