ヒルガオを探していた。

住んでいる町でやっとヒルガオが自生しているところを見つけた。

ヒルガオかコヒルガオ、それともその間の子なのかはわからないが、どのヒルガオも探すきっかけになったある予想の条件に合致しているので、早速近づいて観察してみることにする。



おや、花の筒の箇所に何かいる。



腹部に毛が生えているし、コハナバチか?

小さなマメ科の花と小さなハナバチ



脚に花粉を付けている。

コハナバチがいた事で、なんとかこのハチを撮影しようと意識して、当初の目的どころではなくなったけれども、ハナバチがヒルガオの花粉を集めているというのは、今後どこかで役に立つような知見になるだろうから、これはこれで良しにする。


当初の目的はいずれどこかの機会で投稿することにする。


関連記事

花蜜と花粉に含まれる成分