道端でとても小さなアサガオらしき花を見かけた。



葉はマルバアサガオっぽいので、比較的最近日本に入ってきた外来種なのかな?と勝手に想像する。

容赦ないアサガオ



花の詳細を見ると、



葯の色が紫だった。

帰って小学館の図鑑NEO 花 | 小学館を開いてみたら、この植物はマメアサガオと呼ばれているらしい。


葯の紫はフラボノイドだとして、他のアサガオではどうだったかな?と思い返してみると、アサガオとヒルガオの花粉の色は何色だ?で掲載した




どちらの花も葯の色は白だったなと。


紫色の葯の色は、紫外線から花粉を守る為の色なのだろうか?

花蜜と花粉に含まれる成分


それとも、昆虫に対して葯をより目立たせているのだろうか?