田がたくさんあるところで、




一枚の田でやたらと草が生えているところがあった。

稲作では時々草抜きを行う事があるけれども、イネの根から強力なアレロパシー物質を分泌し、周辺の草の成長を阻害するので、



他の草が目立つようにはならないとされているという事を思い出した。

モミラクトンの分泌量の増加を追う


確か、ここらの田はどこも同じ栽培方法で栽培していると聞いているので、大きな差が出たのは何故だろう?


除草剤の種類や使用回数の問題なのか?

※除草剤の使用状況については確認していない

土の劣化具合の問題なのか?


後者であれば、乾土の為の耕起の回数とその後の土のケアの問題になるので色々と得られることは多い。

乾土効果について考える