これから寒い冬に突入する時期の風物詩の一つにアワダチソウのようなキク科の草のふわふわなタネがある。

白くてふわふわに見えるこのタネを近くでまじまじと見てみると、



実は結構トゲトゲしている。

風にのって遠くにタネを散布する仕組みなのだけれども、



更に近くで見ると、トゲですらなくて、硬い繊維状の糸だった。


はじまりのうたさんによる写真ACからの写真


綿のふわふわ感とは程遠い。

先入観と実際の差がある一例だった。