昨年、新宿御苑というところで、

丁子菊(ちょうしぎく)という菊を見た。





今まで書いてきた菊とは違って、

真ん中の部分が目立っている菊だ。


この丁子菊、

真ん中の部分をまじまじと見てみると、



雄蕊、雌蕊だと判断しそうなところが、

何となく個々が花のような形状に見えてくる。


菊というのは、



一つの花に見えるけれども、

これは複数の花の集合で、

頭状花序(とうじょうかじょ)という集合花である。

頭状花序 - Wikipedia



真ん中の筒状になっているものが筒状花と呼び、

外側の装飾している花弁っぽいものを舌状花と呼ぶ。


この写真だけ見ると、

全然花っぽく見えないけれども、

実際、一つ抜いてみると花だなと感じられる形状になっている。


一つずつ抜いてみたものは今は手元にはないので、

個々の花の形状はおいおいにして、


この視点を得た上で、


肥後菊は細くしなやかで美しい


肥後菊、


京都の嵯峨菊


嵯峨菊、


江戸菊は江戸の華


江戸菊を改めて見てみると、

これらの花は舌状花の美を求めたけど、

丁子菊は筒状花の美を求めた様に見えてくる。


集合花の育種と言うのは、

どちらの花に意識を向けるか?によって、

こんなにも変わるのだなと

古典菊を見る度に思う。