今年の梅雨は前半はほとんど雨が降らず、

ここ数日で大雨が何度かあった。


梅雨の期間全体でなんだかんだで雨量は毎年同じぐらい降るんだろうね。


雨がしっかりと降っているので、



川の土手の草たちも

一気に生育を始めている。


ここね、

ぱっと見る限り、



赤クローバの花が目立っているんだけど、

クローバのことは河川敷で学べ


よくよく見ると、



ハルジオン?の方が背丈や花の数でいったら多い。

※花が咲いた状態での背丈と花の数で判断


だけど、

ここをぱっと見ると赤クローバが目立っている。


花の形状が丸くて集合花

花の色がピンクであれば、

下の方でも目立って見える。


背丈の高い草が生えているところで、

ちょっとした工夫でも不利な位置にいるものの方が目立つ

ということは商売をしている人であれば見習わなければならない資質の一つだろう。


そういうことを学んだ。


あと、この記事を書いていて知ったけど、

ハルジオンは貧乏草と呼ばれることがあるんだってね。