京都の八幡市で営農している渋谷農園さん主催の勉強会に呼ばれ、

京都農販として病気の感染と肥料の副作用の話をしました。

京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で基肥の話をしました

京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で土壌の物理性と緑肥の話をしました


前々回が基肥を考える上で土壌の化学性を安定化させるための肥料の選定、

前回で緑肥を活用することによって化学性と物理性を向上させ、

今回の話で副作用があるけれども使い勝手の良い肥料の話題を出したことで、

一応、こちらが持つベストプラクティスの深いところにある話は出し切りました。


すぐには役に立たないかもしれないけれども、

これから先にあの時はこういうことを言いたかったのかと栽培とつながり、

秀品率を上げつつ経費を下げることに貢献できれば幸いです。


関連記事

施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる