京都市農業青年クラブさんの主催で

京都市内の農家、京都市の職員、改良普及員向けの肥料の勉強会を行いました。



肩書は技術顧問として関わっている株式会社京都農販の化学担当として


内容は土壌分析の見方から始まり、

どのような肥料にも一長一短があるよという内容が続き、

その例として家畜糞堆肥の話をしています。


鶏糞堆肥を安価な窒素肥料として見た場合は、

鶏糞堆肥に含まれる炭酸石灰が思わぬ落とし穴になるよとか、

カルシウム過剰によるカルシウム欠乏


牛糞堆肥には腐植が含まれていると言われるけれど、

それ以上に窒素肥料としての要素の方が大きいから、

期待していない現象が発生する可能性があるということ等

もう、牛糞で土作りなんて止めようよ


肥料のメリットとデメリット(副作用と呼んでいます)があると意識した上で、

日々の労力が下がりつつ、収量が向上することにお役が立てられれば幸いです。

京都市肥料講習会 - 京都農販日誌


関連記事

施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる

栽培と畜産の間にある糞詰り問題