年末辺り、焼き魚を食べて、骨を土に挿した。



今朝見てみたら、



骨の周りに油が固まったような箇所と、

その上に白い糸状のものができていた。


おそらくカビだろう。


油分に集まってきたカビなんだろうな。


この白いところが減りかかった箇所をマジマジと見てみたら、



骨に薄っすらと縦線が入っているではないか!

これはどこかで見たぞ。


そうだ、



土を掘り起こしたら茶色い骨が出てきた


鶏の骨が土に還っていく最中、同じような状態になっていた。



骨が溶け始めたのは、

骨の周りについていた油分がカビによって有機酸になり、

その酸が骨のリンカルを溶かし始めた。

というところだろうか。


この寒い中、

骨の周りにある油分についたカビはすごいなと。


逆に、

油分があれば土壌に溜まっているリン酸石灰は分解できるのかな?

なんて思えてきた。