サザンカの花が咲いている。

サザンカは花弁一枚ずつ散るため、



根元はこんな感じでサザンカの花弁がチラホラとある。

一枚ずつ散る花弁になにか意味があるのだろうか?

といろいろと見ていたら、



これから春に向けて伸長していく偽ロゼットの植物の葉の上に



サザンカの花弁がぴっちりとくっついているではないか!


これはえげつないな。

葉の上にぴっちりと張り付かれている事で、

この葉はまともに光合成出来ないだろう。


サザンカは根元の植物を潰すために、

花弁を一枚ずつ散らしているのか?


出る杭は打つってやつか?


そう思うと、



サザンカという低木に恐怖すら覚えるぜ。


実際のところはたまたまなのだろうけどね。