下にいるものの奮闘


7月上旬、川の土手にて

赤クローバの花が繁茂していた。


クローバの間をぬうように、ハルジオンっぽい草がいた。


8月の終わり。

秋に差し掛かろうとしている時にここに改めて見てみたら、





クローバが繁茂していたところは、

イネ科の細くて高い草が繁茂していた。


クローバは暑さに弱かったはずで、

ここに生えているイネ科の草は、

夏に元気で秋の終わり頃に枯れる。


こういう遷り変りを見ていると、

クローバというのは夏草につなげるために環境を整えているように見えてくる。


人目線ではあるけれども、

なんとも健気に見えてくるものだ。


関連記事

クローバの根圏で起こっていること