高槻の安満遺跡公園の工作室で高槻の土を攻略するという題で土についてわかっていることの話をしました。


話はセミナーの一日前に戻って、

前日にファームプロさんを高槻の本山寺まで案内しました。

株式会社ファームプロ – 消費者と農業者とが関わり合う社会を目指し、 「農」の価値向上のために様々なサービスを開発していきます



本山寺といえば、

砂岩や泥岩の層の間に海底火山の跡である枕状溶岩が観察できる場所で、

母岩によって風化した後に形成される土の差が非常にわかりやすく、

土を理解する上でこれ以上無いほどの良質な教材になる可能性が高いはず。

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ


山、川や街が近いからこそ、今回のような話が出来るのだなと、

高槻の可能性を感じた週末だった。


追記

安満遺跡公園で2019年8月に行ったイベント

りょうこ先生のなるほどお野菜第1回-種編-


関連記事

場所による土づくりの違い – 株式会社ファームプロ

高槻のアルカリ性温泉と美味しい唐揚げ