2月も後半となり、

そろそろ日中で先週まで着ていたコートが暑いと感じ始める季節になりつつある中、

道の端に堆積していた落ち葉のところで、




タンポポのタネと綿毛があった。

最近結実したのだろうか?


さすがに秋頃に結実したとしたら、

秋から今までの間の強風の日にタネは飛んでいるだろう。


このタネを詳しく観察していないので、

今日までの強風の日に耐えていた可能性もなくはない。


それは置いといて、

仮に最近結実したとしたら、

冬の寒い間にタネを形成する過程があったことになる。



このタンポポは萼が反り返っていたので、

おそらくセイヨウタンポポだとすると、

セイヨウタンポポは受粉が必要ないことになっていたので、

どんな季節で花を咲かせて結実することができる(はず)。

大きくて密集した花たち


何度も同様の内容を記載してきたけれども、

2月にタンポポの綿毛を見ると、

改めてセイヨウタンポポの強さというものを感じてしまう。