京都某所の庭園っぽいところで、

短い枝が土に刺さって、しかもそろそろ満開っぽくなっていたのを見かけた。


よく見かけるものだけど、

いつ見ても不思議に思う。


だって、

花を咲かせるのは木にとってすごい労力だってえらい人が言ってたよ。


これは本物か?

と近づいて見てみたけど、



リアルだし、

みずみずしさもあるし本物だろう。


でだ、



こう見ていると、

枝にはすごい労力で咲かせるだけのエネルギーを蓄えていることが分かり、

このエネルギーを何かに活用したいと考えたくなる気持ちもわかる。


だから、

栽培者はたくさんの枝を土に埋める。