河川敷の草は11月中旬にも関わらず旺盛に茂っている。



川すれすれのところでもなかなかの背丈になっている。

この時期の川の水は冷たい。


それなのに、



こんなにも旺盛になるのは、

やはり水に溶けている養分が豊富なのか?

野菜の美味しさを求めて川へ


お互いの根から発せられる熱というものが、

川の冷たさよりも上になるのか?

植物の根への酸素の運搬とROLバリア


河川敷は先日の記事と同じ石が堆積した場所のはずなのに

こんなにも旺盛なところを見ると、

川に秘めたる生命力というもの感じるものだ。

敷き詰められた石の間から


そして、

毎年似たような記事を書いているなと。