最近良く質問されることで、

常時SSL化したら運営しているサイトでSEOの効果はありますか?

というものがあります。

今月だけでも3人の方に質問されました。

※常時SSL化というのは、全てのページのURLがhttps://からはじまるサイトのこと

SOY CMSの常時SSL化で対応したこと


当サイトは常時SSL化をして以来、PV数は右肩上がりなのですが、

それが毎日投稿だけで上がっていて、常時SSL化が関係しているのか?はわかりません。


それでもサイト運営者の立場としての手応えとしては、

常時SSL化はSEO上重要であると捉えています。


常時SSL化した時の最大の恩恵はなんといってもHTTP/2です。

当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化してみた


Googleはページの表示速度を評価基準に入れているという話をよく聞く。


HTTP/2はGoogleが開発していたSPDYが元になった規格で、

SPDYによって様々な問題が解決されるという背景があるので、

HTTP/2で運営しているサイトを未来を見据えてしっかりとサイトを運営していると評価するはず。


HTTP/2導入以降、Googleのスコアはうなぎのぼりになったし、

SOY CMSのサイトでPageSpeed Insightsのスコアが99になりました


それを抜きにしても、

最安のサーバで運営していても快適になったので、

表示速度の遅さによる離脱率も下がるだろうと勝手な希望的観測。


とはいっても、

HTTP/2の恩恵は現時点では共有サーバでは受けられず、

運営に関してそれなりの知識は要ります。

※VPSサーバや専用サーバを借りたり…

さくらのVPSでSOY CMSを動かした時のメモ

さくらのVPS + Apache2.4のサーバでSSL対応してみた


HTTP/2を抜きにしても、

SSL対応していないサイトでフォームなんて運営していたら、

情報が抜き取られるのは容易いので、

ログインやお問い合わせフォームを設置しているサイトでは常時SSLはしておいた方が良いね。

インターネット内に流れているパケットを傍受してみる


詳しい人なら、

SSL化されていないフォームを設置しているサイトのサービスなんて利用しないよ。


追記

最近、HTTP/2導入のためのハンズオン勉強会を行っています。

Webサイトの表示の高速化に向けて、Linuxのハンズオンを行いました


関連記事

ApacheサーバでBrotliを使用してみた