一緒に行動をしていた京都農販の木村さんが桜島に行った後、

地元の方にこんなことを聞いていた。


桜島は常に噴火していて、火山灰が降ってきたり、命の危険性が常にあるのに、

なんで桜島に住む人がいるのですか?と


その返答として、

火山灰は迷惑だけど、

火山灰のおかげで良い農作物を収穫できるし桜島周辺の魚は旨い


住めば都になるものだよと。




桜島と火山灰


先日、桜島にて火山灰を実際の目(といってもマクロレンズの力を借りているけど)で見た。

楽しい土壌の鉱物


運良く、身内に最近桜島の火山の調査をしていた方がいて、

桜島の火山の種類とその特徴を教えてもらっていたので、

事前に色々と知識を付けることが出来た。


その時違和感があった事が、

ブルカノ式火山(教えてくださった方はモリッと噴火する火山と表現していたけど、)から噴出する火山灰は、

シラスと呼ばれるものではないだろうと。



噴火様式から桜島の火山は安山岩質的な地質となるので、


(株式会社誠文堂新光社 日本の石ころ標本箱 201ページの図を参考にして作成)


白い砂でシラスの要因となる無色鉱物の石英の含有量は少ない。

石英(二酸化ケイ素)が少なければ、教科書的に言われるシラスの特徴にはならないはず。


そもそも、石英分が多ければ、栽培的に不利になるので、

火山灰のおかげで良い農産物が収穫出来るなんて話は出てこない。

真砂土にある粘土は引っ張る力が弱い?


で、実際に見てみて、



桜島の火山灰由来の土は黒かった。




火山灰の構成はガラス質(二酸化ケイ素)、角閃石、輝石と磁鉄鉱が主成分となる。


角閃石というのが、


(写真:株式会社誠文堂新光社 薄片でよくわかる 岩石図鑑 26ページ 普通角閃石より引用)


これで、


輝石というのが、


(写真:株式会社誠文堂新光社 薄片でよくわかる 岩石図鑑 29ページ 頑火輝石より引用)


これ。


磁鉄鉱も黒っぽく、これらを踏まえた上で改めて火山灰を見ると、



角閃石と輝石のような鉱物を多く含んでいるように見える。


角閃石と輝石は種類によるけど、

どちらも鉄とマグネシウムをふんだんに含み、

磁鉄鉱はその名の通り鉄をふんだんに含む。

鉄と上手なお付き合い

苦土と書いてクド。マグネシウムのこと


写真を見る限り、ガラス質が少ないので、

おそらく腐植の蓄積のポテンシャルも高い可能性があり、

土壌のアルミニウムが腐植を守る


しかも、

火山灰だからさらさらしている


桜島ダイコンが植わっていた土を拝借してみると、


九州上陸1日目 - 京都農販日誌 - 株式会社京都農販


軽い性質そのままで、腐植とよく馴染んでいる。


これは良いものが収穫できるわ!


追記


鹿児島のおみやげ屋で火山灰が売られていたので購入しました。


関連記事

夜久野高原の宝山の火口付近で赤い土を見た

紅土と黒ボクを見て思い出す師の言葉