毎日、このような農道を移動しているのだけれども、

道の脇に様々な草が自生しているのを見ながら移動している。



イネ科の草とクローバが生えているなと…



ちょっと待てよ。



白クローバと思いきや、

これはアルサイクローバではないか?

イネ科とマメ科の緑肥の混播


白い花弁が主で、

上に向かう程ピンク(薄紫)になっているのは、

白クローバと赤クローバの間の子のアルサイクローバではないか!


緑肥として活用していたクローバのこぼれ種か?

なかなか見かけないのでちょっぴりハッピーになれた。


クローバは防除が難しい雑草として扱われることもあるので、

自生していたこのクローバがそのような扱いを受けていないことを切に願う。