広島県呉市の倉橋島のトマト(お宝とまと)のグループの方向けに肥料の話をしました。



20万分の1日本シームレス地質図


倉橋島は島全体が山陽の花崗岩(ピンク色の個所)で構成された島で、




真砂土そのものの土壌が広がっている地域で、

水や肥料分が流れやすいという特徴がある土壌になる。


このような土壌でどのような点に意識をしながら基肥の設計を行うべきかという話をしました。


関連記事

浦富海岸で大きな花崗岩と出会う

花崗岩から真砂土へ

花崗岩が崩れ土になっていく

広島の倉橋島のトマトのグループの方向けに肥料の話をさせていただきました - 京都農販日誌