河川敷でクズの群生を見かけた。

いやいや、写っているクズはこんもりと展開しているように見えるけれども、


クズで囲まれたところには、


ごつい枝の生やし方


線路や畑で存在感を発揮していたこの植物の仲間がいて、

強く細く一本立ちしているが故、



巻き付くことができる植物の良い標的になっている。


で、再び見るけれども、



こんな感じ。


近くに同じようにクズに巻き付かれた植物がいて、



こんな感じ。


葉の展開が横方向に広がっているため、

メインで光合成を行う箇所はクズから離れることが出来ている。


枝はしなやかなため、

おそらくクズはこの枝に巻き付いてくることは少ないだろう。



この植物は寒い内から発芽して、

極端に茎が短い状態で冬越しをして、

暖かくなった一気に伸長して周囲を出し抜く。

茎を短くしておくという選択


高さは圧倒的になれるけれども、

一本立ちであるが故、

周囲のタネの発芽抑制になるような遮光はできない。


で、



これである。


話はいきなり飛ぶけど、

こうなるとクズのような巻き付く植物の弱点を知りたいな。


関連記事

あそこからヤブガラシが消えた