土手の縁によくある石垣みたいな箇所



この石の間のちょっとした隙間から草が生える。

このちょっとした隙間から草が生えるのはすごいと思う。


この草だけど、

直立型の草だった場合は、こじんまりと生えているけれども、



茎が柔らかい、

茎をつると呼ぶような草の場合は、

石を覆うように茂ることができてる。


基本的に茎がしっかりした草の方が強靭というイメージになるけれども、

ちょっとした隙間から生えた草は茎がしなやかな方がタフだな。


環境によって得意不得意があるなら、

どこでも常に強い草なんて存在しないね。



畑に生えると厄介といわれるシバもほらこの通り。

自慢の不定根が活躍できていない。

行けども、その先にはアスファルト


関連記事

あそこからヤブガラシが消えた