スノードロップという花が咲いていた。

この植物はヒガンバナ科で、

寒い時期に咲く花らしい。


この花を見ていると不思議に思うのが、

花は花弁で目立たなければならない。



しかし、

肝心な花弁は下を向いている。


誰に対してこの花は目立とうとしているのか?


土にいる越冬中のおとなしい虫たちだろうか?



この写真を見返してみると、

花に群がる虫が下にいるとは思えないんだけどな…


実際、

花を正面から見てみると、



しっかりと模様があるし、

蕊も形成しているので、

やはり何かには近づいてきてほしいのだろうな?


スノードロップは、

もうしばらくで春が来ると、

春の訪れを伝える。