緑地に横にある舗装された道で、



赤丸で囲った箇所が気になった。



この葉はブナ科の落葉樹の何らだと思う。



この葉の細さはクヌギか?

写真を撮り忘れたが葉の裏は白っぽくなかった。


クヌギといえば、


※写真のドングリはおそらくアベマキだと思う

道端に大きなドングリが落ちていた


こんな感じで大きくて丸い。

このような形のドングリは乾燥に強いらしく、林縁(林の端)の外側に向かって生育域を広げることが可能であるらしい。

ブナ科の木の種子と果実の大きさが意味するもの


今回のように林縁の舗装された箇所で、生き生きと伸長しているクヌギらしき幼木を見ると、林全体が広がろうという意思のようなものを感じれてなんか良い。


関連記事

森林の縁から木々の棲み分けを学ぶ

森林の保水力を考えたい