京都農販さんの定期勉強会で単子葉と双子葉、

脇芽や発根の発生規則とそれに付随した植物性有機物の利用についてお話をしました。


土作りでキノコの廃培地を推す理由、

それは植物の発根を促進する為にある。


私が栽培に関わった時、

元々植物の形についてが院生の頃の専門で、

それがあったが故に救われたことがたくさんあったが、


普段から栽培に関わっている方に植物の形の話をすると、

この知識こそ、はやい段階で欲しかったと言ってもらえる。


学生の頃に形態学に目を付けたのは、

ある意味正しかったのかもしれないな。


なんてことをしみじみと感じた。