ヘビウリの花。



この細い線のシルエットがなんとも美しい。


前にこの花は美しいと伝えたら、

気持ち悪いと返されたことがある。


日本の園芸文化の一つで、


幽玄の美の伊勢菊


カワラナデシコを探せ


幽玄の美と称される伊勢菊や伊勢撫子があってだな、

花の美を突き詰めた先に流れる様な流線型がある

と昔の人らはそう思ったのだろうな。


しかし、



このウリは野生種でこのような形状になったけど、

この形状にはどのような意味があるのだろうな。


夜間、背景は黒。

そんな中で白い流線型によって部分的に反射して、

モヤっとした大きな白い花を最低の労力で形成したのだろうか?