子供らと草抜きをしている時にこの草(上の写真)何?と聞かれた。



小葉が丸葉の羽状複葉だけれども、小葉の付け根にミカンのようなものが付いているので、コミカンソウ科のコミカンソウだと伝えた。

カラスノエンドウは托葉でアリを集める


この丸いものは花?と聞かれたので、一緒に花を探すことにした。


丸いものが付いていない箇所を探してみると、



上のようは花が見つかったので、丸いものは果実だと認識出来たみたいだ。

こんな小さな花にどんな虫が来るのだろう?という話題になった。


草抜きは草や土をマジマジと見つつ、単調作業なので協働している人と会話が発生しやすい。

コミカンソウという名前を覚えていてくれたら良いなと。

こちらの認識に誤りがあり、まったく別の草だったらよろしくないけれど。